人は相性が良いと思い込むと本当は相性が悪くても好きになる

ネット恋愛と心理学

 

私が運営しているWEB-LOVEという恋愛心理学のサイトで「人間の思い込みの力はとんでもなく強いよ」というお話をしました。

恋愛は思い込みの強さが肝心!あなたのことを思い込ませる心理テクニック
あなたは元恋人のことを心から愛していましたか?実は恋愛感情は思い込みで必要以上に増幅されています。思い込みの心理を操れば、気になる人との距離をグッと縮めることができます。この記事では思い込みを利用した恋愛心理テクニックをご紹介します。

 

それを裏付ける面白い話がアメリカの出会い系サイトが行った調査から明らかになりました。

思い込みの心理を活用すれば、マッチングアプリでマッチングした人と会えます。
マッチングした後の会話に困ることもなくなりますよ♪

OkCupidがユーザーで試した心理実験

アメリカは出会い系サイトで知り合った人と付き合ったり、結婚したりするのが普通の国なので、会員数の多い大規模サイトがいくつもあります。

OkCupidもそのひとつ。

会員数は1000万人以上。
心理学的な裏付けを基に設計されており、マッチング率が高いことで有名なサイトです。

このサイトは時々ユーザーに無断で心理実験をすることがあるんですけど、
その是非は置いといて、興味深い調査結果を公表しています。

 

それは「相性」についての実験。

OkCupidには相性診断という機能があります。
ユーザーのメッセージの内容、頻度、プロフィールの情報などのデータセットを心理学、データ解析、統計学で分析して、相性度を計算し、その結果をユーザーに伝える機能です。

相性の良い2人には「最高の相性だからメッセージを送ってみては?」とおすすめし、
相性の悪い2人には「残念ながらあまり相性がよくないかも」と伝えます。

この機能を使ってOkCupidのデータサイエンティストたちは以下のような実験を行いました。

相性の悪い2人に「最高の相性だからメッセージを送ってみては?」と嘘の表示を出したんです。

ちょっと酷い実験ですね(笑)

すると、嘘の表示を見た2人はメッセージのやりとりを始めました。

ここまでは予想通りなんですけど、驚くのはここからです。

なんと相性が悪いはずの2人が、どんどん仲を深めていったんです。
嘘の情報を吹き込まれただけなのに、それを信じて本当に親密になったのです。

ちなみにOkCupidの相性診断は膨大な会員情報のビッグデータを解析して組み込まれているもので、統計的に信頼性があります。相性診断の精度に問題があるわけではないんですね。

それにも関わらず、相性が悪いはずの2人が強く結びつくようになったのは「思い込みの力」が原因だと考えられるのです。

 

男っぽい人は思い込みやすい

思い込みの強さは男性ホルモン(テストステロン)の影響があるという研究も最近発表されました。

カリフォルニア工科大学は男性243人を集めて、こんな実験をしました。

243人の男性たちをAとBの2つのグループに分けて、Aグループにはテストステロンが含まれたジェルを塗り、Bグループには何も入っていないジェルを塗ります。

そしてひっかけ問題のような算数の問題を解かせました。

その結果、テストステロンが含まれたジェルを塗られたAグループの方が、正答率が20%低かったんです。

男性ホルモンには自信を深める効果がある一方で、嘘やひっかけに騙されやすくなるんです。

男性ホルモンの多い人は自信満々に間違えるんですよ(笑)

引用元論文
Single dose testosterone administration impairs cognitive reflection in men

 

テストステロンの分泌量が多い男性

人間の思い込み力は強いので、一度騙されると嘘でもそれを信じぬこうとします。

考えを変えさせるのは並大抵のことではありません。

宗教にどっぷり浸かっちゃっている人の考えを変えようとしても難しいのと同じです。

 

イリノイ州立大学が調査したメタ分析の論文によると、

「嘘の情報を信じた人の思い込みをある程度修正することはできても、完全に消し去るのは不可能」と結論づけています。

引用元論文
Debunking: A Meta-Analysis of the Psychological Efficacy of Messages Countering Misinformation

 

ネット上では左翼と右翼が意見をよくぶつけ合っていますが、相手の考えを変えさせることに成功している例を私は見たことがありません。

最初は意見を述べていても、最後はだいたい罵り合いで終わりますよね(笑)

私たちが生きているうちに彼らが分かりあう日は来ないかもしれませんね。

 

マッチングアプリで思い込みの力を利用しよう

思い込みの力は罵り合いに使うのではなく、良い方向に活用しましょう。

たとえばマッチングアプリ。

withやペアーズでは、相性診断機能があります。

性格診断で相性の良い人を紹介してくれたり、共通の趣味を持つ人を簡単に探すことができます。

マッチングしたらメッセージのやり取りの中で、相性に関するデータを参考にして二人の相性が良いことを相手に信じ込ませましょう。

「共通点が多くて、びっくりしました」
「その映画、私も大好きなんです!!」
「価値観が合う人が良いなと思って探していたら、あなたを見つけたんです」

こんな感じで、それとなく伝えてみましょう。

マッチングしてメッセージのやり取りが始まったばかりのタイミングで伝えるのがポイント。

相手に「なんかフィーリングが合わないな」と思われたらそこで終わりなので、最初に先入観を植え付けてしまうんです。

実際に会話をしてみたら多少ぎこちないやり取りになってしまっても、「文字でやり取りしてるだけじゃフィーリングなんてわからないもんな。もうちょっと話してみようかな」と相手は思ってくれます。

相性が良いはずだと思い込んでいれば、多少の問題があっても許容できるようになります。
人は最初に信じたことを簡単には変えませんからね。

 

ちなみに恋愛の相性には特徴があるんですよ。

政治的思想、犬派か猫派か、子どもが欲しいか、タバコを吸うか、宗教、血液型。

こういったものは男女の相性には関係ありません。

政治思想や宗教は価値観に大きな影響がありそうなんですけど、恋愛感情への影響は小さいんです。

では、何が相性の良さを決めるかというと以下のようなものです。

笑いのツボが同じ、一人旅が好き、怖い映画は嫌い、家でダラダラ過ごすのが好き。

こういった何気ない感覚が同じカップルはとても相性が良く、長続きすることが分かっています。

 

思い込みは使い方次第で人間関係を円滑にできます。

恋愛だけでなく、仕事、家族、友達などさまざまな場面で活用してみましょう!!

 

 with公式サイトはこちら

 

 ペアーズ公式サイトはこちら

 

 

タイトルとURLをコピーしました